梅光学院同窓会会則

第 1 条名 称
本会は梅光学院同窓会と称し、本部を下関市向洋町一丁目1番1号梅光学院内に置く。
第 2 条目 的
本会は梅光学院を幹としてそれに連なる同窓生相互の交誼を篤くし母校の振興をはかることを目的とする。
第 3 条事 業
本会の目的達成のために下記の事業を行う。
1、 講演会、講習会、研究会等の開催。
2、 会報の発行。ホームページの運営。
3、 各地に支部を置き本部と緊密な連絡を取り会の発展をはかる。
第 4 条会 員
会員を正会員、会友、客員に分ける。
正会員 梅香崎、光城、梅光女学院及び梅光学院卒業生
会 友 中途退学者で希望を申し出た者
客 員 本学院の教職員及び旧教職員
第 5 条組織・構成
本会には下記の組織・委員を置く
1、本部役員会 ・名誉会長・会長・副会長・役員(大2・短2・高2名)
・事務局委員で構成する
・学院長もしくは学院長が選任したもの1名は顧問として役員会に陪席できる
・会長が審議事項に関して必要と認めた者は役員会に陪席できる
2、本部事務局 名誉会長・会長・副会長・事務局委員(書記・会計・庶務)で構成し、定員は10名以内とする
3、支部会 支部代表者と支部会員で構成される
4、学年幹事会 入会時に決定された学年幹事で構成される
5、会計監査人
第 6 条組織の任務
1、本部役員会 同窓会の行事・催事など本会の目的を遂行するために会長よりの諮問を受け審議決定を行う
2、本部事務局 役員会の決定に従い、会長を助け事項の推進・実現をはかり、日常的な同窓会事務を行う
3、支部会 支部長・支部役員を中心に、支部会員相互の交流をはかり同窓会の発展に寄与する
4、学年幹事会 会長の招集により実施し、それぞれ同学年の連絡・交流をはかり同窓会の発展に寄与する
第 7 条役員の任期
会 長 任期を2年とし、総会において選出する。留任は原則2期までとする。選出の任は選挙管理委員会にゆだねる。
役 員 任期を原則1年とし、留任を5年まで妨げない。選出は会長に委任し、会長は就任後30日以内に選出し、会誌またはホームパージにて公開する
事務局員 会長の委嘱により選任する。任期は特に定めない
第 8 条役員の任務
1、名誉会長は諸会員の励まし役として会の活動を促進する。
2、会長は会務を統括し会を代表する。
3、副会長は会長を補佐し会長に支障があるときはその職務を代行する。
4、役員は定期役員会に出席し会務の遂行をはかる。
5、事務局員は会の一切の事務を行う。
会計(金銭出納に関する一切の事務)・書記、庶務(会議録の作成・名簿管理・会報、通信の事務・同窓会室管理)
6、顧問は学院の代表者で、相談役として委嘱する
第 9 条総 会
1、毎年原則5月に総会を会長が招集し開催する。予算・決算・会則改正・会費改定・必要な役員選任・その他必要な事項を決議する。決議は出席者過半数の賛成を要する。
2、総会成立の定員数は100名とする。
3、役員会が必要と認めた時、又は会員の500名以上の要求があった時、会長は臨時総会を招集しなければならない
第10条経 費
本会の運営に必要な経費には、会費・寄付・その他の収入をあてる
1、会員は入会時に、入会金・終身会費を納入する。
2、会員は毎年の運営費寄付にできるだけ協力し同窓会を支援する。
第11条会計年度
毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終了する。
第12条評議員
本会は梅光学院評議員4名を選出する。
第12条補 則
この会則は平成29年度の総会決議を経て、平成29年5 月14 日から施行する。
細 則<梅光学院同窓会会長選挙規約>
(目的)
本規約は、梅光学院同窓会会長の選挙にかかる手続きを、円滑に行うために必要な事項を定めるものとする。

(選挙管理委員会)
1、管理委員は、前年・前々年の総会当番幹事を委嘱する。人数は3名とし、事務の円滑をはかるために事務局より1名が参加する。以上の4名を以て、選挙管理委員会を構成する。
2、管理委員会は、会長の要請により、2年ごとに実施される会長選挙に対応する。また、不定期の会長選出の-必要性が生じた場合、副会長が役員会を招集して選挙を実施することができる。
3、管理委員会は、同窓会室に設置する。

(立候補)
1、立候補の受付期間は、選挙のある年にHPにて公示する。立候補者はこの期間に、同窓会室内の管理委員会に届け出をする。(但し、同窓会室の開いている火曜日・金曜日の13時~16時を受付時間とする。)
2、管理委員会は受付締切日の翌日に、HP等にて立候補者の公示をする。
3、公示期間は、総会前日までとする。
4、会長に立候補できる者は、梅光学院(旧梅光女学院)高等学校・短期大学・大学・大学院の卒業生で、同窓会会員である者とする。
5、立候補には、同窓生2名の推薦を受けなければならない。推薦者は、同時に複数の立候補者の推薦人となることはできない。

(選挙)
1、立候補者が1名の場合は、総会にて信任を問い選出する。
2、立候補者が2名以上の場合は、総会出席者の投票で選出する。
3、選挙の結果は、速やかに公表し、HPでも公開する。