梅光学院同窓会会則

第 1 条名 称
本会は学校法人梅光学院同窓会と称し本部を下関市向洋町一丁目1番1号梅光学院内に置く。
第 2 条目 的
本会は梅光学院を幹としてそれに連なる同窓生相互の交誼を篤くし母校の振興をはかることを目的とする。
第 3 条事 業
本会の目的達成のために下記の事業を行う。
1.講演会、講習会、研究会等の開催。
2.会報の発行。
3.各地に支部を置き本部と緊密な連絡を取り会の発展をはかる。
第 4 条会 員
会員を正会員、会友、客員に分ける。
正会員 梅香崎、光城、梅光女学院及び梅光学院卒業生
会 友 中途退学者で希望を申し出た者
客 員 本学院の職員及び旧職員
第 5 条役 員
本会には下記の役員を置く。
名誉会長 1 名  会 長 1 名  副会長 2 名
会計書記 各2名  役 員 若干名  顧 問 若干名
第 6 条役員の任期
役員の任期を1年とし毎年総会において改選する。
(但し名誉会長と顧問を除く)
役員に欠員が生じたときはこれを補充する。
補欠役員は役員会で銓衡し任期は前任者の残任期間とする。
第 7 条役員の任務
1.名誉会長は諸会員の励まし役として会の活動を促進する。
2.会長は会務を統括し会を代表する。
3.副会長は会長を補佐し会長に支障あるときはその職務を代行する。
4.役員は定期役員会に出席し会務の遂行をはかる。
5.会計は予算、決算、金銭出納に関する一切の事務を行う。
6.書記は下記の職務を行う。
 1.会議の議事要録。
 2.会員の移動にともなう名簿の整理。
 3.会報、通信の事務一切を行う。
7.顧問は学院職員のなかから若干名、その他から若干名を相談役として委嘱する。
第 8 条総会
毎年一回開催し、予算、決算、会則の改正、役員の改選、その他必要な事項を決議する。
総会成立の定足数は百名とする。
第 9 条経費
本会の運営に必要な経費は会費、寄付、事業収益、その他の収入を充てる。
1.卒業のさいは入会金を納入する。
2.会員は終身会費又は毎年会費を納入する。
3.金額は総会において決定する。
但し緊急に必要が生じたときは役員会で決定することがある。
第10条会計年度
毎年4月1日に始り翌年3月31日をもって終了する。
第11条評議員
本会は梅光学院評議員4名を選出する。
第12条補則
この会則は平成13年6月8日から施行する。